私でもいいですか?新館

ドラマのレビューや映画の感想などを書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

1リットルの涙第二話「15才、忍びよる病魔」

病院で薬ももらう母・潮香。彼女の脳裏に浮かぶ、水野先生の衝撃的な言葉。

水野を訪ねる潮香。
「どうしました?」
「申し訳ありません。MRIの画像や検査データをお借り出来ないでしょうか?昔から、医者の梯はした方がいいと言いますし・・・」
「セカンドオピニオンですか?」
「はい、出来れば他の先生の診断や意見も伺いたいと思いまして。」
「私もセカンドオピニオンには賛成です。もし、必要であれば紹介状もお書きしますが。」
「ありがとうございます。」
「ただ、こうしている間にも、病気は進行しています。お嬢さんが自由に動ける時間は限られてます。限られた時間を有意義に過ごすためにはまず、お母さんがお嬢さんの病気を認めることが必要です。」

「娘が治らない病気ですだなんて言われて、そんなに簡単に納得したり、認めたり出来ないんです。」

潮香の固い決意を知ってか、水野は紹介状を書く。
「必ず薬はお嬢さんに服用させてください。」
「はい。」


その頃まだ、病気のことを知らない亜也はクラスで、楽しく昼食をとっていた。

仕事場に戻った潮香はたくさんの専門書を持っていた。そして、ネットで病気のことを調べる。

合唱コンクールの曲、決まったんだね。
クラスの中で、亜也はクラスメイトに声をかける。
「富田さん、伴奏、どうしてもダメかな?」
「えーっ、面倒くさいんだけど。」
「でも、やっぱり富田さんしか、いないんだよね。お願い。」
違う生徒が、
「頭、下げればいいってもんじゃないし。」
そこへ遥斗が、
「富田、ピアノうまいじゃん。」
「別にうまくないけどさ。」
遥斗と一緒にいる生徒が、
「そう言えば、中学の合唱コンクール、富田が伴奏してたよなあ。」
「やってよ。」遥斗が言う。
「まあ、遥斗が言うならしょうがないか。」
「サンキュ。」
「ありがとね。」うれしそうな顔をする亜也。

その頃、母・潮香は調べたものをプリントしていた。内容は厳しいものだった。

バスケ部の練習中・・・
北高との練習試合に選ばれる亜也。

生物室の中へやって来る先生。
「麻生、お前、麻生圭輔(佐藤祐基)の弟なんだってなあ。そう言えばお前の兄貴も良くそうやって、亀の世話してたよ。」
「麻生さんて、お兄さんがいるんですね。」
「死んだんだよ、去年。」
亀の世話を楽しそうにする遥斗。

有る病院・・・・
「この血液検査のデータを見る限り、貧血ではないですね。」
「でも、睡眠不足だったり、ホルモンのバランスが崩れているとか、そういうことだってありますよね。」
「いえ、それらを示す所見はこのデータには見当たりません。」
「今度、娘連れてきますので、診ていただけませんか?城南大で診てもらったんなら、間違いないと思いますが。」
「でも・・・・」
「池内さん、この病気を画像で診断するのはそれほど難しくないんですよ。」
医師の突き放すような言葉にぼう然とする潮香。

池内家の夕方・・・
亜也が帰ってくる。
「じゃん、あたしね、今度の練習試合に出れることになったの。」
「おーっ、でかした!!」
「すっげー!!」
「よーし、今夜はビールで乾杯だ。」
「俺も。」
「理加も。」
「お母さんも。」
「えー、お母さんも?珍しいね。」
「だって、うれしいじゃない。飲もう、飲もう。」
「お母さんも疲れてんじゃないの。今日は私がやる。」
「いいから、早く着替えてらっしゃい。」
「平気、平気・・・・」亜也は持ち上げたフライパンを落としてしまう。
「大丈夫?」潮香は亜也を気づかう。見てられない潮香だった・・・・。

n1

遥斗の家・・・・
父・芳文(勝野洋)が遥斗に向かって言う。
「もうすぐ、実力テストがあるそうだな。」
「はい。」
「がんばらないとね。テストの結果次第で、二年生からの特進クラスに行けるかどうか、決まるんでしょう?」母・佐知子(兎本有紀)。
「ちゃんとやれば、医学部に合格出来る。期待してるからな。」
「ごちそうさま。」その場を去るように部屋を出て行く遥斗。

遥斗は自分の部屋で、思い出していた。それは川べりでキャンプをしている所だった。
「圭輔、水汲んできてくれ。」
「うん。」
「遥斗、行くぞ。」
「あ、ウサギだ。」まだ、小学生の遥斗が駆け出していく。
「止めろ。」遥斗を遮る。
「野生のウサギは単独行動が好きなんだよ。」
「ウサギは寂しいと、死んじゃんじゃないの?」
「逆だよ。仲間が一緒にいると、ストレスを感じるんだ。遥斗に似てるよな。」
「お兄ちゃん、動物のこといろいろ知ってて、好きなんだから、動物のお医者さんになれば良いのに。」
「動物も好きだけど・・・・」
回想が途切れる。その時、撮った写真が飾られている。
「・・・・人間の方がもっと好きだから。」圭輔の言葉だった。

亜也の家では・・・
母・潮香が亜也に薬を渡す。
「なんの薬?」
「ふらつきを抑えるんですって。」あくまで冷静に、明るく振る舞う潮香。辛いでしょね。ひとりで抱え込んでるんだもんね。
「検査結果出たの?」
「うん。」潮香はキッチンへと入っていく。
「おい、薬とか検査とか、なんなんだよ。」父・瑞生は心配がる。
「ほら、最近亜也が身体がふらつくことがあるでしょう。念のために検査してもらったの。」
「で、どうだったんだよ。」
「自律神経のバランスが崩れているんですって。」
「自律神経?」亜也が言う。
「思春期にはよくあるんですって。」
「じゃあ、心配はないんだな。」
「ほらね、何でもなかったでしょ。」
「ほんとね。病院に予約入れてあるから、傷の消毒、部活行く前に、ちゃんと言ってね。」
「わかってます。」
「理加も欲しい。」
「薬だぞ。飴じゃないんだぞ。」
「でも、美味しそう。」
「うーん、にがーーい。」

夜、誰もいない部屋で、専門書と格闘する潮香。ひとりで抱えちゃダメ。夫はなんのためにいるの。
そこへ亜湖が降りてくる。
「あれ、どうした?」
「それ、こっちのセリフ。」
「あー、何だか、寝そびれちゃってね。」
「ふーん。」何かを感じているのだろうか、釈然としない感じで、戻っていく亜湖。

n2

翌日、言われた通りに病院へ行った亜也。
診察が終わり、ひとりの少女と出会う。二人でボール遊びを始めるが・・・
「痛い、お姉さん、へたくそだね。」
「お姉ちゃんも、病気なの?」
「えー、どうして?」
「お父さん、お姉ちゃんみたいにここ怪我してたよ。」とあごの辺りを示す。
「あ、そうなんだ。」
「水野先生。」そう言って、子供は先生の元へかけていく。
「お父さんの検査終わったよ。」
「お父さんの検査、終わったって。」離れている亜也に言う。
「良かったね。」
「お姉ちゃん、バイバイ。」

母親としてだけでなく、保健師としての仕事もこなさなくてはいけない潮香。

公園で、子犬を見つけて、可愛がる亜也。やがて、子犬はどこかへ行ってしまう。それを追いかけて見つけると、遥斗がいた。
子犬を見て、二人揃って、
「麻生君の犬?」
「池内の犬?」見事にはもりましたね。(笑
「それじゃあ、やっぱ迷子か。」
「捨てられたんだろ、首輪してないし。」
「そっか。 」
持っていたパンをちぎって子犬に上げる遥斗。
「遠慮しないで食えよ。俺達ずーとこうやって、生きてきたんだから。」
「どういう意味?」
「人間と犬って言うのは、五万年前から一緒に、生きてきたんだって。」
「そうなの?」
「人間が狩りをしていた頃、猛獣が近づくと、犬が鳴いて、危険を知らせてくれたんだよ。」
「へぇー。」
「だから、人間は安心して眠ることが出来た。そのかわり、人間は犬に食べ物を与えた。そうやって、持ちつ持たれつで生きてきたってわけ。」
「ふーん。そうなんだ。」

仕事場で、ひとり調べものをする潮香。
ひとりの専門医を見つける。

家に帰るなり、車を借りて慌てて出て行く潮香。

亜也の部屋
針の穴に糸を通そうとしているが入らない。
そこへ父がやってくる。
「入るぞ。亜也、薬。」
「あ、忘れてた。」
「お母さん、仕事でこんなに遅くなることなかったよね。」亜湖が言う。
「不倫でもしてんじゃないの?」
「不倫?バカ言ってんじゃない。親をからかうのもいい加減にしろ。」
「はーい。」
「亜也、お前、お母さん、電話したか?」
「ううん。」
「電話しとけよ。怪我のこと心配しているだろうから。」
「うん、わかった。」出て行く父。
「ねえ、亜湖。悪いんだけど、これ、糸通してくれない?」
「えっー。」
「また、痩せたの。」
「そうみたい。」
「どんなダイエットしてんのよ。」
「してないよ。」
「うそー。」
「ほんと。」
「何にもしてないのに、痩せるなんて、変な病気なんじゃないの?」
「えっ?」

その頃、家を出た潮香は大学病院へ着いていた。
でも、良くこんな時間に会ってくれるね。紹介状が会ったとしても。財前教授なら、絶対に会わないだろうね。(笑

「常南大学病院の水野先生には完治しないと言われました。でも、宮下先生なら、何か新しい治療法や完治したケースをご存知なんじゃないかと思いまして。手術とか、薬とか何か方法がありますよね。」
「私は神経内科の医者になっていらい、この病気の研究を続けてきました。気がついたら、四十年余りが過ぎていました。ですが、未だに、有効な治療法が見つからないことに忸怩たる思いを抱いております。」
「海外では、あのー、海外では何かいい治療法があるんじゃないんですか。」
「今の所、海外も同じです。むしろ、日本の方がこの病気の研究は進んでいるでしょう。」
「先生、あの子助けてください。お金ならいくらかかっても構いません。あたし、どんなことでもしますから。」
「お母さん、この病気は日常生活に支障を来す可能性がありますが、直ちに命に関わると言う病気ではありません。」
「だからって、このままじゃ、あの子は・・・」
「こうしている今も、研究は進められています。新しい治療法や薬の開発も徐々にではありますが、進んでいます。」
「ほんとに何も、何も方法はないんですか?」
「まずは、投薬とリハビリを開始して、この病気とどううまく付き合っていくかということを考えていただいた方がいいと思います。希望を捨てずに。お嬢さんを支えていってあげてください。」

「先生、あの子は、あの子はまだ十五歳なんです。たった、十五歳なんですよ。」

「城南大学病院の水野君は私の教え子の中でも、最も優秀な神経内科医のひとりです。」

一縷の望みを託して、向かった先でも、非常な宣告を受ける潮香。自分の無力さを嘆く。
そんな潮香の携帯に亜也からの留守電が入っていた。それは無邪気で、まるで病人とは思えない口調だった。声を聞いて涙する潮香・・・・

午前三時、家に戻った潮香は一人でいた・・・
そこへ起きてきた瑞生が現れる。
「おーっ、なんだ帰ってきてたのか。橘のじいさん、どうだった?もしかして、また入院か・・・・何なら、近いうち見舞いでも行ってやるか。ほら、あのじいさん、将棋好きだろ。退屈してるだろうから、いっちょ、もんでやるかな。ハハァ・・・。」
「亜也の病気って、ねえ、精髄小脳変性症っていうの。」
「え?」
「脊髄小脳変性症。」
「なんだよ、その舌噛みそうな名前。」
「だんだん、身体が動かなくなるって。」
「えっ?橘のじいさんが?」
「亜也が。」
「えっ?」
「あの子、自律神経が崩れているじゃないの。」
「なんなんだよ、その脊髄何とかいうのは・・・」
「だんだん、自分の足で立つことも、難しくなって、車いすになって、いつか寝たきりになって・・・」
「そんな筈ないだろ、お前・・・、何寝ぼけたこと言ってんだよ。」
「文字、書くことも、喋ることも難しくなるって。」
「治るんだろ?なぁっ、薬飲めば治るんだよなあ。」
首を横に振る塩か。
「じゃあ、手術すれば治るるんだろ?」
「治療法、無いって。」
瑞生は立ち上がって、声を張り上げる。
「どこのやぶ医者に診せたんだ!!他の医者に診せてこいよ。」
「いろんな先生に会ったの。インターネットでも調べて見たの。いろんな本も読んだの。この病気の第一人者の先生にも会ってきたの。で・も・ね、で・も・ね、・・・・・・今に医学では治せないって。」

いつものように朝を迎える家族。
今日の試合を家族で応援に行くと言う。

生物部で学校に来ていた遥斗は亜也の試合を観る。
他の部員が
「池内って、結構うまいじゃん。」
「よく、転ぶのにな。」遥斗がいう。

試合を観ている瑞生が
「おかしいだろ。ちゃんと、走ってんじゃないかよ。あんなにうめえじゃねえかよ。何で亜也が・・・」涙をぬぐう。
「亜也。」潮香が笑顔で呼ぶ。
「よーーーし、亜也、いけいけ。」
と、転んでしまう亜也。」駆け寄ろうとする瑞生を必死で止める潮香。

みんなが見守る中、亜也にパスが渡るが、亜也はそれを受け止められない。ボールはうまく渡って、亜也が決めたが・・・・
亜也の心に残る不安は・・・

亜也が憧れる河本先輩だけど、どう見てもいい男に見えないんですけど。私の目が曇っているのかな・・・、配役間違ってないですか?(笑

夜の公園、亜也が子犬の所へやってくる。
「さっきね、河本先輩がいい試合だったって、言ってくれたの。それにね、東校に入ったことも、うれしいって。」
「良かったじゃん。」遥斗が現れる。
「何でいんの?」
「飯、やろうかと思って。」
「それじゃあ、またね。」去っていく亜也を引き止める遥斗。
「忘れ物。」
「えっ?」
「ついてきちゃったの。連れて帰ってあげたいけど、きっとダメだろうなあ。」
「なんで?」
「うち、食べ物扱っているから、動物飼っちゃいけないの。」
「ふううん。」
やがて、雨が降り出してくる・・・・
「やだあ、雨。」

池内家・・・・
今で新聞を読んでいる瑞生。
亜湖が、
「お父さん、お父さん、亜也ねえが男連れてきた。」
「お、お・と。こ。」慌てて、玄関へ行く・・・
「ただいま。」と普通に入ってくる亜也。
「亜也ねえの彼氏?」亜湖が言う。
「違うわよ。」
「初めまして。麻生です。」
「あ・そ・う・・・・。亜也の父です。」
「怖いんだけど。」
「ほら、入試の日に助けてくれた子。」
「お前があの二人乗り男か。」それでも怖い父であった。しかし、見つけたものは犬だった。

「ダメに決まってんじゃん。」亜湖が言う。
「でも、可哀想じゃない。」亜也が言う。
「しょうがないじゃん。うちは動物飼っちゃいけないんだし、ねえ、お父さん。」
「でも、雨降っているし、今夜だけでも。」
「しつこいじゃない。私だって、小学校の時、野良猫拾ってきたけど、ダメだったじゃん。」
「何ならうちで。」遥斗が言う。
「良いわよ。」潮香が言う。
「えー。」亜也と亜湖が同時に驚く。
「今夜だけなんて言っても、一晩一緒にいたら情が移っちゃって、手放せるわけないんだから。」
「飼ってもいいの?」
「まあ、しょうがねえなあ。」瑞生が言う。
「何で、そうなるわけ?」納得のいかない亜湖。
「ちゃんと世話しなさいよ。」潮香。
「ありがとう。」
「理加もお世話する。」
「ほんとに。」
ふてくされて、二階へ上がる亜湖。まあ、当然ですね。
「じゃあ、俺はこれで。」
「全然、楽勝だったじゃん。」
「ねえ、良かったら食事してって。」潮香が突然言い出す。
「いや・・・」
「食っていけって言ってんだ。」まだ怖い顔のお父さん。
「怖いんだけど・・・」亜也に助けを求める遥斗。

遥斗も食事をするはめになった・・・・
「ごめんなさいね、うるさくて。」潮香が言う。
「いつもこんな?」遥斗が驚く。
「そう。」亜也。
「亜也姉ちゃん、お醤油取ってー。」理加が言う。
亜也は目の前に会った醤油をとろうとするが、取れない。距離感がつかめてない。
「あれ?」
「はい、どうぞ。」父親はその場をしのぐ。
「それって、ギャグ?」遥斗が言う。
「・・・・・」亜也は返答に困る。
「あ、あいつにも名前付けてやんなきゃまずいんじゃないか。」瑞生。
「そうね、可愛い名前つけてあげなきゃね。」潮香。
「うちは豆腐屋だから、木綿っていうのはどうだ?」寒いです、お父さん。(笑
「あり得ない。」亜湖が言う。その通り。
「じゃあ、油揚げ?」弘樹が言う
「厚揚げ!」理加が言う。この父にして、この子ありですね。
「それもあり得ないか。」
「がんも、とか?」遥斗が言う。
「それ、可愛いかも。」亜也が言う。
犬の名前はがんもで決まった。結局、豆腐屋だったね。(笑

翌日、病院の待合室にいる池内夫婦。
やがて、水野先生の所へ行く。
「失礼します。」
神妙な顔つきで診察室へ入る二人。
「ありがとうございました。」借りていたMRI画像の写真を返す潮香。
「お嬢さんは?」水野が聞く。
「や、今日は私たちだけで来ました。」
「どうぞ。」
水野の前に座る二人。
「この病気について、まだご理解いただけませんか?」
「理解は出来ました。でも・・・・気持ちがついていかないんです。私は保健師ですけれど、何度注意してもお酒やタバコを止めない人たち、子供にろくな食事を与えない親、そういう健康を省みない人たちを指導してきました。だから、自分の家族の健康のことについては人一倍気を使って、・・・・うちは共働きで、子供も多いですけれども、どんなに忙しくても、食事だけは絶対に手を抜かないよにって、ずーと、そうやってきたんです。・・・・なのに、・・・・どうして亜也なんですか?・・・・先生・・・・」
「あのねえ、先生、昨日、亜也、バスケットの試合に出たんです。まだ、一年生なのに、先輩よりうまいからって、目茶苦茶かっこよかったですよ。足も速かったし、ゴールだって決めたんです。まだ、十五歳なんです。まあ、たったの十五歳なんです、あの子は。まだまだこれから、いろんなことがやれる筈なのに、身体が動かなくなるなんて、そんなこと、信じられますか。」
「残念ながら、事実です。そしてこの病気は少しづつですが、確実に進行します。」

夕方、帰り道・・・・
「亜也、病気のこと知ったら、あいつどうなっちまうんだ。いえる筈ないだろ。そうだろ。人間てのはそんなに強いもんじゃねえんだよ。たった十五歳の亜也に、そんなこといえねえよ。」
「お父さん、辛いけど、あたしたちがあの子の病気を認めて、受け入れなくちゃいけないのかもよ。あの子のためにも。」

診察室にて、亜也と潮香がいる。
水野が亜也の書いたノートを見て、
「良く書けてますね。これであなたの症状がよくわかります。これからも続けてください。」
「え?これからも、ですか?」驚く亜也。
「薬も今までどおり飲んでください。あ、それからふらつきなど、有る程度コントロールするために、簡単なリハビリを始めてもらいます。」
「リハビリ?」
ひとり診察室を出て行く亜也。
診察室では、

「どんな病気でも、患者さん本人が自分の病気を理解することが治療の第一歩なんです。」

「わかってます。でも、告知はまだしないでください。」
「お嬢さんは非常に聡明な女の子です。いつまでも隠し通せないと思いますが。」
「お願いします。もう少し、もう少しだけで良いんです。」

以前に知りあった少女に出会い、一緒に見舞いに言った先で見たものは、自由の利かない患者であり、担当医は紛れもなく水野であった。

帰り道、亜也は母に聞く・・・
「ねえ、お母さん、私の病気ってなあに?」
「・・・・・・」

お母さん
私に心の中にいつも
私を信じてくれているお母さんがいる
これからもよろしくお願いします
心配ばかりかけちゃってごめんね


上の文字だけで泣けてきます。ほんと残酷な病気ですね。

薬師丸さんはよくやってますね。うまいです。心配?だった陣内さんも今日は良かった。
子供のことを思わない親はいない。告知を遅らす理由もわかる。
自分でわかっちゃうのと、ちゃんと親から聞くのとではどっちが良いのだろう?
私にはわからない。

公式HPはこちら

関連記事はこちら

1リットルの涙第一話「ある青春の始まり」

木藤 亜也
1リットルの涙?難病と闘い続ける少女亜也の日記
木藤 潮香
いのちのハードル?「1リットルの涙」母の手記
木藤 亜也
ラストレター?「1リットルの涙」亜也の58通の手紙
K
Only Human
レミオロメン
粉雪(初回限定盤)


スポンサーサイト

テーマ:1リットルの涙 - ジャンル:テレビ・ラジオ

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://watasidemo.blog39.fc2.com/tb.php/9-1d441de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

直美

Author:直美
三十代、主婦、二児の母、大変だけどがんばってます。

よろしければクリックをお願いします。

banner2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アマゾン


お勧め

art5_125x125.jpg
prsn_holiday_120-240.gif
officeani_120-60.gif







ハリーポッターバナー
ボタンバナー白


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。