私でもいいですか?新館

ドラマのレビューや映画の感想などを書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

野ブタを。プロデュースPRIDUCE9「別れても友達」

修二(亀梨和也)は彰(山下智久)と信子(堀北真希)を屋上に連れ出し、
「何?」彰が言う。
修二はぶたの人形を信子と彰に渡す。
nb112
「チリのお見上げ。」
「足、三本しかないよ。」
「その土地のお守りらしいよ。」
「ふーん、お守り・・・・」
「何のお守り?」信子が聞く。
「あっ、先に言っとくけど、俺が買って来たわけじゃないからね。
うちのお母さんが勝手に送ってきただけだから。」
「だから、何のお守りなぬー!!」彰が言う。
「家内安全?」信子が言う。
「それは無い。」
「安産祈願!!」
「何で安産だよ、そんなわけねえじゃん。」
「で、何?」
「・・・・友情とか・・・・」
「友情か!!」
「そんなんじゃない・・・」
「あ・りがと。大事に・するね。」
「友情か・・・、これで俺ら、永遠に友達ってことだね。うれしい!!」
「永遠?ってわけではないかもしれないけど・・・」
「もう、離れられない身体になるってことか。」修二に抱きつく彰。
「い・い・嫌、違うって。俺が買って来たわけじゃないから。」
「すけべ!!」
nb113
ぶたの足を触る信子。
【“野ブタを。プロデュースPRIDUCE9「別れても友達」”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:野ブタ。をプロデュース - ジャンル:テレビ・ラジオ

このページのトップへ

野ブタを。プロデュースPRIDUCE8「いじめの正体」

夜、すでにパジャマ姿の桐谷家、悟(宇梶剛士)が電話をしている。って、彰に言われた通り、ズボンの中にシャツ入れてるんだね。偉い!!
「えっ?友達?親友ってこと?三人ってとこかな・・・、
ちょっと待って、子供。はい。」
浩二(中島裕翔)に電話を変わるように言う。
「誰?」
「母さん。」
「国際電話だから、高いんだから。」
浩二が電話に出る。
指で数えながら、「四人かな。今、ちょっと微妙なんだよね。はい、お兄ちゃん。」
電話を修二(亀梨和也)に渡す。
nb88
「俺?」
「お母さん、早く、早く!!」
「はい。」修二が出る。
「あんた友達何人?」母の伸子(深浦加奈子)が言う。
「いや、別に何人て・・・」
「えっ?ひょっとしていないの?」
「いるよ!!」
「だから、何人?」
「えっ?」
「あーっ、早くして、電話切れちゃうから。」
「じゃあ、二人、二人。」
いきなり切れる電話。
「何の電話だよ。」
「お前、友達二人いるんだ。」悟が言う。
「あっ、うちに泊まりに来た面白い人は?」
「空手の強い奴。」
「いや、あれは、あれは、あいつは違うよ。」修二もシャツをパンツの中に入れている。言いつけはちゃんと守るんだね。
「あの、女の人だよ。」浩二が言う。
「あの、キーホルダーの?」悟が言う。
「野ブタ。!!」悟と浩二が声を揃えて言う。納得する悟。今度は反論しない修二。

【“野ブタを。プロデュースPRIDUCE8「いじめの正体」”の続きを読む】

テーマ:野ブタ。をプロデュース - ジャンル:テレビ・ラジオ

このページのトップへ

野ブタを。プロデュースPRODUCE7「女を泣かす男」

『人の心の中、っていうか、あいつの心の中は俺の想像を遥かに越えていた。』

彰(山下智久)は下宿先の屋上にいた。ふと、下を覗くと、修二が自分がいつもやっているきつねのポーズをしているのを見る。
nb74

彰も「コンコン・・・」と返す。
「なんで、アイツいんのよー。」
もう一度、のぞき込む彰、修二は同じようにきつねのポーズで待ち続けている。
「めっちゃ、怒ってる・・・・」

部屋に修二を入れた彰。
「もう一度、確認する。お前、ほんとに野ブタ。のプロデュース止めんだな?」
「・・・・だな。」うなだれる彰。
「じゃあ、何?結局、お前は野ブタ。をどうしたいの?」
「どうって・・・・」
信子(堀北真希)がきつねのポーズをしているのを想像する彰。
「ふふふ・・・・」うれしそうな彰。
「じゃあ、何、孫って、なあ、動物園でも一緒にデートいきたいって訳?」
「まあ、それもしたいけど、でも、一番したいのは、・・・・言っちゃっていいのかな?・・・・結婚!!・・・・恥ずかしい。」一人恥ずかしがる彰。

『やっぱり、こいつは俺の想像を遥かに超えていた』

【“野ブタを。プロデュースPRODUCE7「女を泣かす男」”の続きを読む】

テーマ:野ブタ。をプロデュース - ジャンル:テレビ・ラジオ

このページのトップへ

野ブタを。プロデュースPRODUCE6「親と子の青春」

修二(亀梨和也)と弟・浩二(中島裕翔)・父・悟(宇梶剛士)が夕食中。おかずが山盛りのコロッケ。
「俺がなりたかったもの?」
「うん、将来なりたかったものって、何?」浩二が悟に聞く。
「そりゃお前、友情に熱ーーーい男よ。」
「何それ?」
「だからあれでしょ?あの・・・、友達思いの男ってことでしょ?」と修二。
「そうそう。」
「でもそれって、普通じゃん。」
「普通じゃないよ。たとえばな、ある日突然、友達が、スーツケースを持ってやってくる・・・・・。
 そのスーツケースの中には、バラバラ死体。わけあって、誰かを殺してまったんだ・・・・。」
「で?」
「で、そいつは俺を頼ってやってきた。」
「いやでもさ、それって・・・殺人者ってことだよ。」と修二が言う。
「わかってる!わかってる、でもな、俺はそいつの話を最後まで聞いてやるわけよ。これが本当の友情。男の熱ーーーい友情ってわけよ。」
「でも、警察に言わないの?」と浩二。
「そういうことは、あと!!」
「あと?」
 「とにかく、友達の話を最後まで聞いてやる!これよ。」
そこへタイミング良く、チャイムが鳴る。いつものごとく、出るのは浩二。
浩二が驚く、「スーツケース持ってる!!」
なんと、彰(山下智久)がスーツケースを抱えてやって来た。
nb60

「大変なことになっちったよ・・・。ヤベェよ・・・。」
「大変な事って?」
「話、聞いてくれる?」
「聞く!聞くからさ・・・。そん中何が入ってんの?」修二が恐る恐る、尋ねる。
「見たい?」
【“野ブタを。プロデュースPRODUCE6「親と子の青春」”の続きを読む】

テーマ:野ブタ。をプロデュース - ジャンル:テレビ・ラジオ

このページのトップへ

野ブタを。プロデュースPRODUCE5「悪夢のデート」

修二(亀梨和也)がクラスの窓から、登校する生徒を見ている。
『髪も切って、結構可愛くなったと思うんだけどな。何で野ブタ。の周りだけ、どんよりしてるんだ?こいつには、何かが足りねーんだよな。野ブタ。に足りないものね・・・。こ、これだ!これだよ。野ブタ。に足りねーものは、この、男に媚びるような声だ!おぉ、男に可愛く見せようと、クネっと体をひねって見せる技。これだよ!男を引き寄せるテクニック!そっかそっか。野ブタ。に足りねーのは、男とのコミュニケーションだ!つまり恋の経験だ。』

nb47

ある朝、信子(堀北真希)の下駄箱にラブレターが届く。思わず、腰抜かす信子。手紙を読む信子の声は震えている。「す・き・で・す・・・・」。

「恋か・・・」修二がつぶやく。さらに、
「恋ね・・・・」修二とシッタカが同時につぶやき、思わず顔を合わせる

【“野ブタを。プロデュースPRODUCE5「悪夢のデート」”の続きを読む】

テーマ:野ブタ。をプロデュース - ジャンル:テレビ・ラジオ

このページのトップへ

プロフィール

直美

Author:直美
三十代、主婦、二児の母、大変だけどがんばってます。

よろしければクリックをお願いします。

banner2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アマゾン


お勧め

art5_125x125.jpg
prsn_holiday_120-240.gif
officeani_120-60.gif







ハリーポッターバナー
ボタンバナー白


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。